• HOME
  • 記事
  • 野球
  • え?なんで?水原一平氏に「未払いの賭博借金が残っている」…米地元紙が報道…違法ブックメーカーが「大谷の名をビジネスを広げるために利用した」との情報も
銀行詐欺罪で起訴された水原一平容疑者が出廷を前に警察へ出頭した(写真・AP/アフロ)
銀行詐欺罪で起訴された水原一平容疑者が出廷を前に警察へ出頭した(写真・AP/アフロ)

え?なんで?水原一平氏に「未払いの賭博借金が残っている」…米地元紙が報道…違法ブックメーカーが「大谷の名をビジネスを広げるために利用した」との情報も

ドジャースの大谷翔平(29)の口座に無断でアクセスし違法賭博で作った借金を返済したとの容疑でチームを解雇された元専属通訳の水原一平氏(39)に未払いの借金が残っていることが明らかになった。ドジャースの地元紙オレンジカウンティ・レジスターが報じたもの。同紙は、違法ブックメーカーを運営しているマシュー・ボウヤー氏が、送金口座に大谷の名前があったことを知り「大谷の名前をビジネスを広げるために利用した」との情報も伝えた。

 

 水原氏は違法賭博で作った450万ドル(約6億8000万円)の借金のすべてを大谷の口座から盗んでチャラにしたわけではなかった。地元紙のオレンジカウンティ・レジスターは、違法ブックメーカーを運営しているボウヤー氏に焦点を当てた記事の中で、ボウヤー氏に関係のある情報筋の話として「解雇された水原氏がまだ未払いの賭博の借金を抱えているが、その金額がいくらになるのかは明かされなかった」との情報を伝えた。同紙は、この情報の確認のためにボウヤー氏に連絡を入れたが、コメントは拒否されたという。
 そもそも水原氏は借金の全額を大谷の口座から盗んでいなかったのか。それとも送金後にまた新たな借金を作ったのか。詳しい事情は明らかされていないが、未払いの借金が残っているとなると、また新たな疑問が指摘されることになりかねない。
 今回のスキャンダルは、連邦捜査局が違法なブックメーカーを運営しているボウヤー氏を捜査する過程で、大谷の口座からの送金があった事実をつかみ、その情報を得たESPNが大谷の代理人及び水原氏にぶつけたところから始まった。
 当初、取材に答えた水原氏は「大谷に借金を肩代わりしてもらった。2人でパソコンを開き口座にログインして50万ドル(約7500万円)を8、9回送金した」と証言していた。その後、水原氏は発言を撤回。「私が嘘をついた。大谷は何も知らなかった」と発言を変え、25日(日本時間26日)に会見を開いた大谷は、野球賭博、スポーツ賭博への関与を完全否定。ブックメーカーへの送金を依頼したことなど一切ないと断言した上で、水原氏に「嘘をつかれていた」「勝手に口座にアクセスされてお金を盗まれた」という衝撃的な真相を明かした。
 だが、大谷が質疑に応じなかったため、「どうやって水原氏は口座にアクセスしたのか」「なぜ大谷も周囲の人間も450万ドル(約6億7000万円)もの金額が盗まれたことに気がつかなったのか」などの疑問が生じた。
 またESPNなどは水原氏が作った違法賭博の借金の総額は450万ドル(約6億8000万円)と明かしているが、大谷自身は会見で、いくら盗まれたのか?という金額についての言及は避けた。また大谷の弁護団も「大規模な窃盗被害にあったことが判明したので、当局に引き渡した」との声明を発表しているだけだった。
 また水原氏は、2021年にサンディエゴのチームホテルのポーカーゲーム場で「ボウヤー氏と知り合った」とESPNなどが報道していたが、オレンジカウンティ・レジスター紙は、より詳細に、その時の状況を伝えた。
「ボウヤー氏と水原氏の関係はサンディエゴでのパドレスとの試合後に共通の友人を通して始まった。彼らは、ホテルのロビーにいて、水原氏は携帯電話で別のブックメーカーへ賭けを依頼していた」という。
 情報筋によると「ふと、それを小耳にはさんだ友人が歩いてきて『この男のところで賭けるのががいいよ』と水原氏にボウヤー氏を紹介した」のが2人の出会い。
 またその情報筋は「水原氏は定期的に賭博で作った借金を支払っていた」とも証言した。

 

関連記事一覧