• HOME
  • 記事
  • 格闘技
  • どうなる?!井上尚弥の9月に予定している次戦相手が決まらない…指名挑戦者のグッドマンか?元世界王者のドヘニーか?
井上の次戦相手はグッドマンか(左)ドヘニーか(右)(写真・山口裕朗/AAP/アフロ)
井上の次戦相手はグッドマンか(左)ドヘニーか(右)(写真・山口裕朗/AAP/アフロ)

どうなる?!井上尚弥の9月に予定している次戦相手が決まらない…指名挑戦者のグッドマンか?元世界王者のドヘニーか?

 プロボクシングのスーパーバンタム級の4団体統一王者、井上尚弥(31、大橋)が9月に予定している次戦の対戦相手がIBF&WBO同級1位のサム・グッドマン(25、豪州)か、元IBF世界同級王者でWBOアジアパシフィック同級王者のテレンス・ジョン・ドヘニー(37、アイルランド)かで混沌としていることが15日、明らかになった。グッドマンが、すでに7月に現地での試合を決めているため調整がついていないもの。東京ドームシティ内「blue-ing! DISCOVER」で行われたLemino BOXING「フェニックスバトル115」の前日計量及び7月18日に開催される大会のカード発表会見に出席した大橋秀行会長(59)が「まだどうなるかわからない。次戦は今月中には決めたい」と明かした。

 最有力候補のグッドマンが7月に試合を予定

 モンスターの次戦相手が決まらない。
 大橋会長は「まだどうなるかわからない」と頭を抱えた。
 井上は4万3000人が集まった6日の東京ドームで“悪童”ルイス・ネリ(メキシコ)と対戦。1ラウンドにダウンを奪われたものの、3度ダウンを奪い返す劇的な展開で6ラウンドにTKO勝利した。
 その反響は凄まじく大橋会長も「私も街を歩いていると声をかけられるくらい反響が凄い。次はいつですか?という問い合わせも多い」と明かすが、9月に予定している井上の次戦の対戦相手がまだ決まらないのだ。
 最有力候補はIBF&WBOの同級1位で2団体の指名挑戦権を持つ18戦無敗のグッドマン。ネリを倒した後に東京ドームのリングに招き入れ、井上が「次戦、9月頃、隣にいるサム・グッドマンとの防衛戦をこれから交渉していきたいと思う」と呼びかけると、グッドマンも「自分もベルトが欲しくてここまで戦ってきた。絶対にやりましょう」と応じるという事実上の“発表セレモニー”もあった。
 すでに都内の会場を押さえてグッドマン陣営との交渉に入っていたが、グッドマンが、先に7月に豪州での試合を組んでいたため、9月の世界戦となると間隔が短すぎるため調整がついていないという。興行の大きさとファイトマネーからすれば、井上への挑戦を最優先するものと見られているが、その指名試合が先延ばしになるケースを想定し、元世界王者のドヘニーが、代役候補として急浮上しているのだ。
 ドヘニーは、ネリが体重超過した場合のリザーブ選手として東京ドーム大会のオープニングファイトに登場、ブリル・バヨゴス(フィリピン)に4回TKO勝利した。今回もまたまたリザーブの立場だが、日本時間13日にアイルランドのボクシング情報を発信しているWEBサイト「アイリッシュ・ボクシング」のインタビューに答え「(井上の次戦相手交渉は)今は混戦状態だ。ボブ・アラムが行った最新の声明によれば、9月の対戦候補はオレが最有力で、その後にグッドマンが登場する可能性が高い」と断言した。
 さらに「グッドマンのチームは(井上とは)今年の後半か2025年の最初に戦うことを希望している。だからリングに上がっての呼びかけは日本での知名度を上げるためにやったことだと思う。正直なところ、オレがリングに飛び込んでマイクを握り、自分の意見を言いたかったんだけど我慢したよ。どちらにしてもオレにタイトルのチャンスはある。WBOランキングで3位につけていて、もうすぐ2位に昇格する予定だ。今年はどのような展開になったとしても、少なくとも井上(への挑戦)か、空位の王座(井上がベルトを返上した場合の挑戦)か、どちらかのコーナーに立つことになる」とも語っている。

 

関連記事一覧