• HOME
  • 記事
  • 一般スポーツ , 格闘技
  • なぜV4に成功した井岡一翔はKO決着を封印したのか…”リトル・パッキャオ”が「当たっても倒れる気がしなかった」と嘆いた技術
井岡が3-0判定でV4に成功。ジャブが的確に福永の顔面を捉えた(写真・山口裕朗)
井岡が3-0判定でV4に成功。ジャブが的確に福永の顔面を捉えた(写真・山口裕朗)

なぜV4に成功した井岡一翔はKO決着を封印したのか…”リトル・パッキャオ”が「当たっても倒れる気がしなかった」と嘆いた技術

プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチが31日、大田区総合体育館で行われ、王者の井岡一翔(32、志成)が同級6位の挑戦者、福永亮次(35、角海老宝石)を3-0の判定で下して4度目の防衛に成功した。人生をかけたタフな挑戦者の踏ん張りでKO決着とならなかったが、延期となったジェルウィン・アンカハス(30、フィリピン)との統一戦を睨みあえて打ち合いを避けたクレバーなボクシングを貫いた。その安全策に賛否は分かれるだろうが「どんなことがあろうと挑戦し続ける」という王者の哲学は誇れるものだった。

チャンピオンが不敵に笑った理由

 王者は不敵に笑っていた。

 10ラウンド。福永が繰り出した渾身の左フックを浴びると、ニヤリと表情を崩し、続けて両手を上げてトリッキーなポーズ。

「やってきたことが福永選手とは違う。世界のリングで戦ってることを味わってもらいたかった」

 井岡にとって10度目の大晦日。視聴率戦争の中、ボクシング界の顔として、最後のトリを務めてきた自負がある。

 終盤を迎えて両陣営の思惑が交錯していた。

 9ラウンドまでは井岡がポイントでリードしていた。スコアカードをチェックすると7ポイント差が1人、3ポイント差が2人。

 福永は、鈴木眞吾会長から「スタミナを残すな。すべて出し切れ!」とハッパをかけられた。

 鈴木会長が言う。

「10回? いや最初からGO。いかなくちゃ井岡の上手さは崩せない」

 井岡は2つの考えで揺れ動いていた。

「残り3ラウンドの展開を変えていいパンチを当ててまとめようか(KO)。(こちらが下がって)前で打たせた方が相手も疲れる」

 KOパターンが浮かぶ一方で延期となったアンカハスの顔がチラついた。 「ここで怪我のリスクを負いたくない」

 井岡は、あえて下がってロープを背負い福永に打たせた。福永は、前に出て乱打したが、「打たされ(カウンターを)狙われている気がしていけなかった」と警戒心がほどけず、井岡もまた「福永選手の気持ちは最後まで途切れなかった」と、まだ生きているパンチを感じ取っていた。

 KO決着を期待する会場の空気は背中からヒシヒシと伝わっていた。

「そりゃわかりますよ。でも、無理に会場の雰囲気で倒しにいくことを真に受けなくていい」

 これが日本男子の最多記録を更新する21戦目の世界戦。だが、井岡は「倒したい」というボクサーとしての本能を押し殺し、もうひとつの美学を貫く。

「ここまでやってきたからこそ自由ができる。見たくない人は見ない。僕のファンの方々は、これも井岡スタイルだとわかってくれている」

 賛否も出るだろう。

「もっと腹を効かせれば良かったが、警戒されKOまでもっていけなかった」の悔いもあるが、判定決着のゴングに納得していた。

「115-113」、「116―112」、「118―110」。

 三者のジャッジペーパーが読み上げられ、V4成功が宣言されると、井岡は感情を爆発させることなく静かに右手を掲げた。

 

関連記事一覧