• HOME
  • 記事
  • 野球
  • なぜドジャースは契約前にスキャンダルを起こした水原一平通訳の身辺調査をしていなかったのか…米メディアが問題視…MLB機構は大谷翔平の調査に乗り出す
連邦捜査当局が水原氏を銀行詐欺罪で起訴したことを発表。そこで衝撃的な真相が明らかに(写真・AP/アフロ)
連邦捜査当局が水原氏を銀行詐欺罪で起訴したことを発表。そこで衝撃的な真相が明らかに(写真・AP/アフロ)

なぜドジャースは契約前にスキャンダルを起こした水原一平通訳の身辺調査をしていなかったのか…米メディアが問題視…MLB機構は大谷翔平の調査に乗り出す

 ドジャースの大谷翔平(29)の専属通訳を務めていた水原一平氏(39)が違法のスポーツ賭博に借金を重ね、大谷の口座から窃盗したとの疑惑でチームを解雇された問題の波紋が広がっている。水原氏の発言に一貫性を欠いていることなどから矛盾点や疑問点が数多く浮上。米スポーツメディアの「ジ・アスチック」は、「未回答の疑問」を洗い出し契約時に水原氏の違法賭博と借金問題などの身辺調査を行っていなかったドジャースの姿勢を問題視した。また「USAトゥデイ」のボブ・ナイチンゲール記者は、メジャーリーグ機構が大谷の調査をスタートさせたことをXでスクープした。

 

 ”水原スキャンダル”の謎は深まるばかりだ。水原氏が解雇される前日に大谷の代理人事務所のセッティングで、スポーツ専門放送局「ESPN」がインタビューした際には、水原氏は違法のスポーツ賭博で450万ドル(約6億8000万円)にまで膨れあがった借金を「大谷が肩代わりしてくれた」と語った。目の前で大谷がパソコンを開き、送金してくれているところを見守り、但し書きに「ローン(貸付)」とまで書いたことを明かしたが、翌日に発言を撤回。
「大谷は自分のギャンブル活動、借金、返済努力について何も知らなかった」と語り、ESPNが、発言内容を変えた理由を取材すると「嘘をついた」と説明したという。代理人事務所も否定し、大谷の弁護士は「大谷が大規模な窃盗の被害者であることを判明し、この問題を(捜査)当局に引き渡した」との声明を発表した。
 なぜ水原氏は発言を変えたのか。大谷は借金を肩代わりしなかったのか。などの数多くの矛盾点や疑問点が残ったままだが、米スポーツサイトの「ジ・アスレチック」は「大谷、水原氏の賭博スキャンダルにまつわる未回答の疑問」との記事で問題点を洗い出した。
 まず同サイトは「なぜ水原一平氏は彼の話を変えたのか?」との疑問を提示。「最も論理的な仮定は、大谷の弁護士たちが、オリジナルの話のままならば何かの形で大谷を法的な危険にさらすかもしれないと考えたということ。ただ、ここでもう1つの問題があがってくる。そもそもなぜ大谷の(代理人事務所の)広報は水原氏に(ESPNに)すべてを話すことを許したのだろうか?」
 これは多くの人々が抱いている疑問点だ。
「多くのメディアが複数の連邦法が無資格なスポーツ賭博運営社に送金することを禁じていることを指摘した。大谷が訴追されるかについては分からない。政府は一般的に賭けをする人ではなく、ブックメーカーを追いかける。そしてこれまでの説明を元にすれば、大谷は賭けた人間ではない。しかし友人のために(借金の肩代わりを)行ったと言ったとして、リーグは違法賭博事業とほぼ関係のない大谷を罰するだろうか? メジャーリーグのルールでは、特にルール21(F)でコミッショナーに処分を行う広い裁量を与えている」などと記した。
 ルール21とは、「違法賭博を行う選手、審判、球団やリーグ関係者や職員、また違法賭博の仲介をした者はペナルティーの対象となる」というものだ。
 同サイトは続けて「なぜメジャーリーグは捜査をしないのか?」とし、「水原氏はルール21に違反した。大谷は、この違反には関わっていない。しかし、もしリーグが、このスポーツの尊厳を守ることを懸念すれば、大谷が関与したかどうかについて調査すべきだろう」とメジャーリーグ機構の姿勢を問題視した。

 

関連記事一覧